はしるひと

ランニングを中心に日々感じたことを綴ります

ダイエットについて その2

こんにちは”トト”です。

前回からの続きです。
頑張ればダイエットできるという根拠のない自信があったトトは昔を思い出し、断食ダイエットを敢行するのでした。
ところが、運動しているし、食事量も抑えているにも関わらず、思い通りに痩せることができませんでした。そんなときにいろいろ勉強しながら下記のことを実践していきました。

前回の記事 toto-run-taku.hatenablog.jp


実践したこと

私は一番大切なことは、継続することだと思います。

まずは目標体重を決め、三日坊主にならないよう、過去の経験を活かし以下のことを継続しました。

1.食事について
(1)「食事制限」から「食事管理」へ

若いときは、プチ断食で摂取量を圧倒的に減らして、体重を落としてきました。

そうすることで速攻で効果が表れて痩せますし、頑張った感が味わえます。

でも、これって不健康に痩せてるんですよね。

そのせいで、体力が落ちて風邪ひきやすくなったり、頬がこけ病人みたいな痩せ方をしてしまったり、何より基礎代謝が変わっていないので、すぐにリバウンドします。

それらを改善するため「食事制限」ではなく「食事管理」をすることにしました。

「食事管理」の具体的な方法とはカロリーと栄養素をしっかり管理してバランスよく食事をとるようにしました。

私の場合、無料の「My Fitness Pal」というアプリを使いました。このアプリのいいところは、

Garmin connectと連携できる
・入力が簡単(面倒くさくない)←これが大事!
・体重管理もできる


もともと面倒くさいことは嫌いですが、このアプリを使うと簡単に入力でき、長続きしました。今でも使っています。

それにいろんな気づきがあります。例えば、「お菓子のカロリーってこんなに高いの!」とか「この料理(食材)はこんなにカロリーがあるんだったら、こっちの料理でお腹いっぱい食べる方がいいなぁ」とか「今日はタンパク質の摂取量がたりないなぁ夕飯でタンパク質を多めにとるようにしよう」とか考えるようになりました。

それだけでも進歩です。まずは自分の食生活を理解することができました。

ダイエット本などでよく言われていることですが、最初は騙されたと思って絶対やった方がいいです。

慣れたらやめればいいだけです。

プロテインやサプリなども使ってみましたが、効果のほどは正直わかりませんが、一定の効果はあるのではないでしょうか? 当然、食事でとるのが一番いいと思いますが、足りないときに補助用として使用する分にはいいと思います。 ただ、財布にはやさしくないです。

(2)ストレスをため過ぎない

食事を制限するってめちゃくちゃストレスたまりませんか? ある程度は我慢も必要ですが、あまりにも我慢しすぎて、ある日突然爆発し、暴飲暴食してしまった。
などとならないように、たまには好きなものを食べることは大切なことだと思っています。

トトも今日は高カロリーのものを食べたい!甘いものを食べたい!という時があります。
そういう時は我慢せずに食べるようにしています。
その代わり、運動の時間を普段より長く(カロリーを普段より多く消費する)したり、次の食事量を少し減らす。などで帳尻を合わせるようにしました。

自分は意思が弱いので、1つだけルールを決めました。
それは、遅くても次の日には帳尻をあわせるようにしたことです。
1週間のうちで帳尻を合わせるようにしたり、2日続けてやってしまうと意志の弱い私はその後もズルズルといってしまいそうな気がしたからです。
これはあくまでもトトのルールなので、皆さんもご自分でルールを決めてやってみるといいと思います。

 まとめ 食事についてやったこと   ・「My Fitness Pal」というアプリで毎食のカロリー管理をした。
・どうしても高カロリーなものを食べたいときは我慢せずに食べる。
 その代わり翌日中に代謝量>摂取量となるように、食事・運動量の帳尻をあわせた。


その3へ つづく